よくある質問

アプリップリプラットフォームに掲載している各アプリ・システムに関するお問合せ内容を掲載しています。
弥生販売・弥生会計連携については下記の質問をご覧ください。
業務のお困りごと解決では、弥生販売、弥生会計以外の、クラウドやECサイトのお役立ち情報を多数掲載しております。
気になる方は、ぜひ「業務のお困りごと解決」まで!

サービス・機能に関するご質問

販売王をパソコン複数台で扱うことはできますか??

販売王をクラウド化

販売王をクラウド化

販売王をパソコン複数台で扱う方法は以下2つの方法があります。

  1. 販売王ライセンスパックを利用する
  2. 販売王LANパックを利用する

1.販売王ライセンスパックを利用する

販売王ライセンスパックとは、サーバーを必要とせず簡単に複数台のパソコンで販売王が扱えるようになる販売管理ソフトです。1つの親器をベースに、hubを伝って2つのパソコンでも同じデータを扱うことができるため、手軽で簡単に導入することができます。

しかし簡単な反面、制限も多いため小規模事業者や中小企業におすすめの販売管理ソフトといえます。

2.販売王LANパックを利用する

販売王LANパックは、販売王を4台以上で利用したい場合に活躍する販売管理ソフトです。販売王LANパックを利用するには以下のものが必要になってきます。

  1. サーバーを準備する
  2. クラウドを契約する

1.サーバーを準備する

サーバーを準備するメリットとしては、業態に合わせてカスタマイズできる点が挙げられます。自由にカスタマイズし従業員が働きやすい環境を構築することができます。

一方デメリットとしては、サーバーの管理が必要になってくる点と導入コストが大幅にかかってしまう点です。サーバーの管理に関しては、専門の技術者が必要であるため人件費がかかったり、サーバーの料金も必要になるため大幅に費用が掛かってしまいます。また、導入までに時間がかかってしまう点もデメリットといえます。

2.クラウドを契約する

クラウドを契約するメリットは、導入が簡単な点や料金が払いやすい点、そして最大のメリットは販売王をどこでも扱えるようになる点が挙げられます。

導入が簡単である理由は、導入にあたって必要になるものが通信環境と販売王のソフトだけという点と、何より技術者が必要ない点が簡単と感じている方も多いようです。料金に関しては、サーバーに比べ初期費用が圧倒的に安いです。 そして最大のメリットと言える販売王をどこでも扱えるようになる点ですが、先ほども申しました通り通信環境さえあれば扱えるようになるため、出張先やご自宅などでも扱えるようになります。

デメリットとしては、サーバーと違い、データを自社の外に置いておく形になりますので安心感というものは少なく感じます。しかし、クラウドサービスはアメリカの国防省でも扱っているほど情報漏洩には厳しくなっておりますので、むしろサーバーよりも安全性は高いです。

【関連記事】

小規模事業者や中小企業のためのクラウド販売管理ソフトを知りたい|おすすめ3選

クラウドとオンプレミス比較

販売王をクラウド化するならアプリップリクラウド

今お使いの販売王をクラウド化するならアプリップリクラウドがおすすめです。

理由は以下の通りです。

アプリップリクラウドの特徴

  1. 今お使いの販売王をそのままクラウド化できる
  2. サーバーに関しての知識が無くても導入できる
  3. どこでも販売王を扱えるようになる

気になる方はぜひHPまで➤アプリップリクラウド

会計王をデータ共有することはできるのか

会計王の同じデータを離れた場所でも扱うことはできるのか

会計王をクラウド化することで同じデータを離れた場所でも扱うことは可能です。

方法は以下の2通りです。

  1. 会計王PROクライアント・サーバー型のLANパックを利用する。
  2. 会計王PROをクラウド化するサービスを利用する。➤会計王をクラウド化するならアプリップリクラウド

1.会計王PROクライアント・サーバー型のLANパックを利用する。

こちらは、会計王PROの機能で、サーバーを設置しサーバー内で会計王PROを稼働させることで5クライアント(5台のパソコン)単位で会計王を操作できる商品です。

こちらの製品を導入することで、離れた場所でも複数人で作業が行えるようになり業務の効率化に大きく貢献します。

導入メリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  1. 複数人同時利用可能➤最大5人までとなりますが、5人で同じデータを同時に操作することが可能です。
  2. 移動先での利用が可能➤サーバーを設置し、VPN接続することで移動先や出張先で会計王を操作することができます。
  3. データを一元管理できる➤サーバーが必要にはなりますが、会計データを一元管理できるようになります。

デメリット

  1. サーバーを管理する必要がある➤サーバーを管理するにはサーバー管理者や維持費がかかるため、高額の費用が掛かることになります。
  2. VPN接続にランニングコストがかかる➤安全性が高いですが、継続的なコストが発生します。
  3. 5人単位でしか利用ができない➤会計王PROのLANパックは、5ユーザー単位でしか導入することが出来ないため、4人だけで使いたい場合や移動中に会計王を扱いたい場合であれば余分なコストになってしまいます。

クライアントサーバーパックのメリットデメリット

2.会計王をクラウド化するサービスを利用する

会計王をクラウド化すれば、1ユーザーだけでも移動中や出張先でも作業を行うことができます。

クラウドサービスは、サーバーを設置しなくてもインターネット環境さえ整えて頂ければご利用いただけますので、簡単に導入することができます。

クラウドのメリットデメリットは以下の通りです。

メリット

  1. 簡単に導入できる➤クラウドは毎月定額を支払うサービス、サブスクリプション(サブスク)であることがほとんどであり、初期費用を抑えて導入することができる。
  2. 稼働環境については丸投げできる➤サーバー管理が必要ないため、会計王の稼働環境を考慮する必要が無くお客様は会計王を操作するだけでよくなります。
  3. 安全性を高めることができる➤データを仮想化することができるため、パソコンが壊れたとしてもデータは守ることができます。

デメリット

  1. 通信環境に依存する➤通信環境が不安定な地域であれば、ご利用できない可能性があります。
  2. データ管理がクラウドの提供会社依存になってしまう➤クラウドは基本的に国がデータを保管するレベルの安全性を持っていますが、手元にデータが無いためリスクを感じる方もいらっしゃいます。
  3. ランニングコストがかかる➤初期費用が抑えられる分、継続的な費用が発生します。

クラウドのメリットデメリット

会計王をクラウド化してどこでも操作したいならアプリップリクラウド

アプリップリクラウドとは?

アプリップリクラウドとは、弥生販売や会計王などの会計・販売管理ソフトをそのままクラウド化するサービスです。

freeeやマネーフォワードなどの元からクラウド上で稼働する会計・販売管理ソフトとは違い、オンプレ型(オンプレミス型)などのデスクトップ上で稼働している会計・販売管理ソフトをクラウド化するサービスです。

会計・販売管理ソフトをそのままクラウド化できるため、操作方法は変わらずプリンターや他基幹システムとの連動性を保ったまま仮想環境で作業を行うことができます。

アプリップリクラウドのホームページはこちら

会計王PRO LANパック/ライセンスパックをクラウド化することで複数のパソコンで会計王を扱うことができます!

クラウド化で会計王PRO LANパック/ライセンスパックを複数台のパソコンで扱う

クラウド化で会計王PRO LANパック/ライセンスパックを複数台のパソコンで扱う

会計王PRO LANパック/ライセンスパックだけでも複数のパソコンで作業を行うことは可能ですが、扱うパソコンやデバイスが固定されるため業務効率的がいまいちだと思う方もいらっしゃると思います。

アプリップリクラウドであれば、パソコンやデバイスは固定されず、複数のパソコンで同じ会計王のデータを扱うことができます。

同じデータを複数のパソコンで扱うことができれば、離れた場所でも同じ会計データを管理することができるため、業務効率化に繋がり情報共有も格段に簡素化されます。

今後の事業拡大に向け、会計王をクラウド化されてみませんか?

クラウド化の資料はこちら➤【1分】アプリップリクラウドの資料請求

アプリップリクラウドの特徴

販売管理システムをそのままクラウド化!

製品を選びなおす必要が無くなります。

販売管理システムを選びなおす必要が無い
  

クラウド化に要する日数はたったの3日間!

短期間での導入で、業務に影響を出すことなくクラウド化!

クラウド化を三日で導入

 

ご利用時間まで選べる!

7:00~18:00(11時間プラン)や、24時間など、柔軟なご利用時間の選択ができるため、無駄な費用は発生しません。

時間まで選べる料金プラン

販売管理システムをそのままクラウド化!

製品を選びなおす必要が無くなります。

販売管理システムを選びなおす必要が無い

クラウド化に要する日数はたったの3日間!

短期間での導入で、業務に影響を出すことなくクラウド化!

クラウド化を三日で導入

ご利用時間まで選べる!

7:00~18:00(11時間プラン)や、24時間など、柔軟なご利用時間の選択ができるため、無駄な費用は発生しません。

時間まで選べる料金プラン

会計王PRO LANパック/ライセンスパックをクラウド化するメリット

■ユーザー追加が簡単に行えるようになる!クラウド化することでユーザー追加が簡単になる
  
会計王をどこでも使えるようになる!どこでも会計王を扱うことができる
  
サーバー不要で業務の省力化に!クラウド化で業務の省力化を実現
ユーザー追加が簡単に行えるようになる!
クラウド化することでユーザー追加が簡単になる
 
会計王をどこでも使えるようになる!
どこでも会計王を扱うことができる
 
■サーバー不要で業務の省力化に!
クラウド化で業務の省力化を実現

このように、会計王PRO LANパック/ライセンスパックなどの販売管理システムをクラウド化することで、様々なメリットがあります!

より詳しく知りたい方は下記リンクへ!

会計王をクラウド化するページ

アプリップリプラットフォームはこちら

企業公式X(旧Twitter)はこちら!➤https://twitter.com/Applippli_Staff

公式YouTubeチャンネルはこちら!➤https://www.youtube.com/channel/UCBYyLPkyDfLbeqX00aVoYLA

会社概要

会社名:株式会社アプリップリ

所在地:〒820-0202 福岡県嘉麻市山野875-2

事業内容:弥生製品のクラウド化、モジュール設計・開発、アプリ開発、アプリレンタル

システムインテグレーター、基幹システム導入・保守

電話番号:0948-42-1570

URL:https://applippli.co.jp/

 働き方改革に役立つシステム・アプリ・サービスを多数提供しております。

「働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律(働き方改革関連法)」が
2018年6月29日に可決・成立し、2019年4月から施行されました。

働き方改革には「長時間労働の是正」「正規・非正規の不合理な処遇差の解消」
「多様な働き方の実現」の3つの柱があります。

「長時間労働の是正」に役立つITツール・ITシステム

弥生販売自動インポートツール

通販受注データ変換取込モジュール

のシステムがお勧めです。時短化、IT化することにより、残業時間の是正にもつながります。

「多様な働き方の実現」に役立つシステム

アプリップリクラウド

弥生製品をクラウド上のサーバーにインストールして、リモートデスクトップ機能を利用して
お使い頂くクラウドシステムです。テレワーク等の多様な働き方に活用できます。

「正規・非正規の不合理な処遇差の解消」に役立つシステム

棚卸在庫管理システム

入出荷検品システム

同一労働同一賃金を考えた場合、正社員でも非正規社員でも同じ操作で同じ作業ができます。

BCP策定(ビーシーピー)」とは、Business Countinuty Planの略称です。

日本語訳

「事業継続計画(じぎょうけいぞくけいかく)」

意味

BCP策定をしておき、災害などのリスクが発生した際に重要業務が停止しない(事業継続できる)こと。災害対策(地震や水害、火事等)の位置づけとなる。
また、万が一事業活動が停止した場合でも、目標として掲げている復旧時間内に重要とする機能を再開(復旧)させ、業務中断に伴うリスクを最小限に抑えるよう、平時より企業で事業継続(即時復旧)に向けた戦略を計画(策定)しておくこと。

本サービス利用方法として、下記のような各クラウドサービスがBCP策定の1つとして活用できます。
これは、BCP策定においてリスクを抑えることができます。

BCP策定についての無料資料をご用意しております。災害対策をしたい方や気になる方は、ぜひこちらまで!➤資料請求「BCP策定とは」

BCPについて

【関連記事】

BCP対策とは?自然災害に負けない会社づくり

こちらの記事でBCP対策について詳しくまとめております。

詳しくはこちら➤

こちらの資料はこんな人におすすめ!

・なぜBCP策定が必要なのか分からない方

・BCP策定を行う方法がわからない方

・どのようにしてBCP策定に取り掛かればいいのかわからない方

など!

bcp策定とは、クラウドで解決

bcp策定とは、クラウドで解決

クラウドで自然災害から会社を守る方法!

はい。
BCP対策のメリットとなる対象クラウドサービスは下記サービスがあります。

  • 企業の重要データをクラウド上で保管し災害時などに対策しておく「クラウドバックアップ」
  • クラウド上に弥生販売や弥生会計を保管してご利用頂く「アプリップリクラウド」

業務のクラウド化は、BCP対策のメリットの1つとして有効です。

弊社のクラウドサービス

アプリップリクラウド for 弥生

クラウドバックアップ

用語について

≫ BCPとは何ですか?

「アプリップリプラットフォーム」とは、システムやアプリケーション・モジュールの設計・開発を行うがご提供する業務改善アプリの総称です。

主に開発・カスタマイズを行っている業務ソフト

  • 弥生販売

どんな業務改善に役立っている?

弥生販売などの業務ソフトの使い方をもっと簡単に・時短化・IT化できる開発・カスタマイズを行っております。

【弥生販売の使い方を改善】

・受注伝票と仕入伝票を一度に発行!
・ECサイト(ショッピングサイト)の受注データを弥生販売受注データに変換
・弥生販売用に変換されたデータを弥生販売に自動取込み
・クラウド化で外出先からのアクセスや、テレワークを可能に!

など、弥生販売や弥生会計だけでは実現できない操作を外部連携ソフトにより可能にし、業務ソフトの使い方をより簡単・正確・スムーズにして時短化・IT化・働き方改革のお手伝いをしております。

業務改善アプリの一覧はこちら

業務改善事例

掲載許可をいただいた企業様のみ事例を掲載しております。

アプリ導入事例はこちら

弥生販売や弥生会計とAPI連携できるツールをご用意しております。

弊社では、アプリップリプラットフォームにて弥生販売とAPI連携する弥生販売自動インポートツール通販受注データ変換取込モジュールを提供しております。

弥生販売以外にも、様々なバックオフィスの業務ソフトをクラウド化するアプリップリ クラウドやデスクトップ環境をそのままクラウド化するアプリップリ クラウド デスクトップも販売しております。

料金形態はサブスクリプションを採用しており毎月お求めやすい金額で提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<アプリ例>

弥生販売とAPI連携1:【弥生販売自動インポートツール】

他のユーザーが弥生販売を利用していてもインポート作業が行える

CSVファイルを自動で弥生販売へ取り込むことができます

解消される課題

    • 他のユーザーが弥生販売を使用していても、取り込み作業を行うことができるようになります。
    • 自動でインポートするため、作業時間を大幅に削減でき、業務効率化に繋がります。
    • 手入力がなくなるため、入力ミスやヒューマンエラーを削減できます。

CSVファイルを弥生販売へインポートする

弥生販売自動インポートツール|弥生連携アプリはこちら

 

弥生販売とAPI連携2:【通販受注データ変換取込モジュール】

通販受注データ変換取込モジュール

Amazonや楽天の受注データを弥生販売へ変換取込できます

解消される課題

  • ECサイトや自社独自システムの受注データを弥生販売の受注伝票インポート形式に簡単に変換し、変換取込できます。手作業で転記していた伝票入力作業をなくすことで大幅な時短・ミス軽減につながります。
  • 変換する受注データ形式によって変換テンプレートを作成。初回設定時にテンプレートを作成するため、2回目以降は変換処理のみですぐにインポート作業が可能となります。
  • ECサイト等では管理していない商品原価や税区分情報などを、当ツールの変換・取込処理の際に、弥生販売商品台帳から情報を取得し、伝票登録に反映させることができます。

  • リピーター顧客など販売実績のある得意先は、受注データの購入元情報(氏名、電話番号、住所など)をもとに弥生販売の得意先コードを参照します。そのため、既存顧客の購入元情報を何度も入力する必要がなく、作業が効率化されます。

ECサイトと弥生販売を連携し、受注データをインポート

通販受注データ変換取込モジュール|弥生連携アプリはこちら

弥生販売以外とAPI連携3:【アプリップリクラウドデスクトップ】

クラウドデスクトップ、業務ソフトをクラウド化する

弥生以外の業務ソフトもクラウド化します。

解消される課題

    • テレワークの導入により人手不足は解消されます。テレワークを導入することで、これまでターゲットにできなかった地域の従業員を従業員として雇うことができます。
    • 場所にとらわれることなく作業を行うことができます。出張先からでも作業を行いたい方にもおススメです!
    • 社業の一元管理ができるため、管理者の業務負担を軽減します。

アプリップリクラウドデスクトップはこちら

弥生販売とAPI連携1
【弥生販売用自動インポートツール】

弥生販売を他のユーザーが使用中でもインポート作業が可能になるツール

CSVファイルを自動で弥生販売へ取り込むことができます

解消される課題

・他のユーザーが弥生販売を使用していても、取り込み作業を行うことができるようになります。

・自動でインポートするため、作業時間を大幅に削減でき、業務効率化に繋がります。

・手入力がなくなるため、入力ミスやヒューマンエラーを削減できます。

弥生販売自動インポートツール|弥生連携アプリはこちら

弥生販売とAPI連携2
【弥生販売受注データ変換ツール】

弥生販売とECサイトを連携し、受注データを取り込むツール

Amazonや楽天の受注データを弥生販売へ変換取込できます

解消される課題

・ECサイトや自社独自システムの受注データを弥生販売の受注伝票インポート形式に簡単に変換し、変換取込できます。手作業で転記していた伝票入力作業をなくすことで大幅な時短・ミス軽減につながります。

・変換する受注データ形式によって変換テンプレートを作成。初回設定時にテンプレートを作成するため、2回目以降は変換処理のみですぐにインポート作業が可能となります。

・ECサイト等では管理していない商品原価や税区分情報などを、当ツールの変換・取込処理の際に、弥生販売商品台帳から情報を取得し、伝票登録に反映させることができます。

・リピーター顧客など販売実績のある得意先は、受注データの購入元情報(氏名、電話番号、住所など)をもとに弥生販売の得意先コードを参照します。そのため、既存顧客の購入元情報を何度も入力する必要がなく、作業が効率化されます。

ECサイトと弥生販売を連携し、受注データをインポート

通販受注データ変換取込モジュール|弥生連携アプリはこちら

弥生販売以外ともAPI連携3
【アプリップリクラウドデスクトップ】

クラウドデスクトップ、業務ソフトをクラウド化する

弥生以外の業務ソフトもクラウド化します。

解消される課題

・テレワークの導入により人手不足は解消されます。テレワークを導入することで、これまでターゲットにできなかった地域の従業員を従業員として雇うことができます。

場所にとらわれることなく作業を行うことができます。出張先からでも作業を行いたい方にもおススメです!

・社業の一元管理ができるため、管理者の業務負担を軽減します。

アプリップリクラウドデスクトップはこちら

アプリのご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら

アプリップリプラットフォームに公開しているツール・システムは日本語のみ対応しております。

提供中のシステム・アプリのカスタマイズは可能です。
お客様のご利用中の業務ソフト(弥生)に機能を拡張したいなどご要望がございましたら、まずはヒアリングを行い、
設計→開発→導入と対応しております。
※お時間を頂く可能性がございます。

ご希望の場合は弊社までお気軽にご相談ください。

お問い合わせ窓口:
TEL:050-5530-6203
受付時間(平日)9:00~17:00(土・日・祝を除く)

提供中のシステム・アプリのカスタマイズは可能です。
お客様のご利用中の業務ソフト(弥生)に機能を拡張したいなどご要望がございましたら、まずはヒアリングを行い、
設計→開発→導入と対応しております。
※お時間を頂く可能性がございます。

ご希望の場合は弊社までお気軽にご相談ください。

お問い合わせ窓口:
TEL:050-5530-6203
受付時間(平日)9:00~17:00
(土・日・祝を除く)

 はい。可能です。

「システムを導入したいけど、開発費を一気に出すのは難しい…」
そういったお悩みを抱えるお客様に、「月額費用」のご負担のみでご利用いただけるシステムをご提供しております(最安値は5,000円です)。
「月額サブスクでイニシャルコストと人件費削減!」
カスタマイズ等も承っておりますので、詳しくはお問い合わせください。

※PC等の端末につきましては、別途ご負担が必要です。予めご了承ください。

 はい。可能です。

「システムを導入したいけど、開発費を一気に出すのは難しい…」
そういったお悩みを抱えるお客様に、
「月額費用」のご負担のみでご利用いただけるシステムをご提供しております(最安値は5,000円です)。カスタマイズ等も承っておりますので、詳しくはお問い合わせください

※PC等の端末につきましては、別途ご負担が必要です。予めご了承ください。

出張デモは行っておりません。
代わりに、オンラインでのデモンストレーションが可能なサービスやアプリがございますので、ご相談ください。
※システム(アプリ)の導入や、導入後のサポートは日本全国で対応しております。

お申込み・ご解約に関するご質問

お客さまの問題解決や業務フローに合った最適なアプリケーションをご提案いたします。
また導入後の操作説明やトラブル対応などのサポートも行っております。

一部、体験版の提供も行っておりますので、導入前に動作の確認をしていただけます。

お問い合わせから導入までの流れ

  1. お問合せ・お見積り
  2. ヒアリング(ご利用中のデータ確認等)
  3. ご注文・ご契約
  4. ご入金
  5. ライセンスキー発行(メールにて送付)
  6. アプリケーション送付・インストール(環境設定含む)
  7. 運用開始

導入までの流れを見る

サポート内容について

お支払方法は、銀行振込のみ承っております。
月額費用等は、口座引き落としシステム(口座自動振替)を利用するとお支払いが簡単で便利です。

費用に関するご質問

販売管理システムの費用を安く抑えたい方や代わりのサービスをお探しの方へ。

弊社では、既存の弥生会計や弥生販売をクラウド化してご利用いただけるサービスを提供しております。
比較的に低コストで短期導入が可能なクラウド型サービスに着目し、既存のパッケージをクラウド上に置き、セキュリティを維持しつつ安心して販売管理をしていただける仕組みをつくりました。
クラウド上にあるので、インターネットさえつながれば、どこからでもアクセスが可能です。
※在宅ワーク(テレワーク)、外出先、各営業所など様々な場所から利用可能。

弥生製品をクラウド上で使える「アプリップリクラウド」

弥生会計や弥生販売の操作方法に変更はないので、マニュアル等はそのまま確認いただけます。
弥生株式会社のパートナーだからこそできるサービスを、検討されてみてはいかがでしょうか。


■販売管理とは

販売管理は、5W3Hの「いつ・どこで・誰に・何を・なぜ・どのように・どのくらい・いくら」で販売し、代金回収を行うまで(収益・利益の確保)を管理するものになります。
受注から納品(出荷)・請求(回収)までの販売管理の一連の流れで、仕入管理や在庫管理を行い、顧客情報を管理します。
流通業・卸売業・小売業などでは、特に必要となる管理手法になります。

■販売管理のクラウド化とは

この販売管理ソフトである弥生販売をクラウド化したサービスが「アプリップリクラウド」です。
通常、社内ネットワーク環境内でしか利用ができない販売管理ソフトを、仮想サーバー(クラウド)上に置くことで、インターネットに接続できる環境であれば、どこからでも利用ができるサービスになります。

  • ご質問

インポート中に弥生販売を使用できないことを解消したいと思い検索したところ、御社の「弥生販売用自動インポートツール」を見つけました。カスタマイズ費用とありますが、具体的にどういった内容なのか知りたいです。

  • 回答

インポートするCSVデータの項目の順番が弥生と同一でない場合、カスタマイズが必要なため費用がかかります。詳細の仕様については概要資料をお送りしますので、下記お問合せフォームまでお尋ねください。

お問い合わせはこちら

「弥生販売用自動インポートツール」の詳細はこちら

再ダウンロードに料金は発生いたしません。
ソフトを削除してしまった場合でも、ダウンロードURLよりダウンロード・インストールしていただけます。
URLについてはお気軽にお問合せ下さい。お電話・FAXでも受け付けております。

TEL 050-5530-6203

受付時間:
9:00 ~ 17:00(平日)/9:00 ~ 14:30(土・祝:弊社休業日を除く)

再ダウンロードに料金は発生いたしません。
ソフトを削除してしまった場合でも、ダウンロードURLよりダウンロード・インストールしていただけます。
URLについてはお気軽にお問合せ下さい。
お電話・FAXでも受け付けております。

TEL 050-5530-6203

営業時間:
9:00~17:00 (平日)/
9:00~14:30 (土・祝:弊社休業日を除く)

導入・環境に関するご質問

VPNとは、バーチャル・プライベート・ネットワークの略称で、LAN同士を1つのLANとして繋げる「仮想のLAN」という意味合いです。

例えば、本社と支店それぞれに社内LANを構築している場合、通常本社内・支店内のデータはそれぞれの中でしか参照等が行えませんが、VPN構築を行うことにより、

  • 本社から支店のデータを参照・編集
  • 支店から本社のデータを参照・編集

などがセキュアな接続で可能となる仕組みです。

通常のインターネット接続

通常のインターネット接続

VPNでの接続

VPN環境での接続

アプリップリクラウドはお申し込みから最短3営業日で導入が可能です。
サーバーの故障など、導入をお急ぎの方もぜひお問合せください。

動作環境につきましては、サポート・動作環境のページに明記しておりますので、そちらをご確認下さい。ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。

アプリップリプラットフォームのアプリ・システムを見る

アプリ動作環境は、OSはWindows11/10、メモリは4GB以上、CPUはIntel Core i3以上を推奨のスペックとしております。
また、データベースは、OSはWindowsServer2016以降(64bit)、メモリは4GB以上、HDDは100GB以上の空き容量を推奨のスペックとしております。
※Microsoft SQL Server 2019/2017/2016 SP2

詳しくは、各アプリの詳細ページに推奨スペックを記載しておりますので、そちらをご覧ください。

アプリケーション一覧を見る

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

弥生販売・弥生会計連動のカスタムアプリはアプリップリプラットフォーム

業務のお困りごとを解決