バックオフィスの業務効率化をしたいならクラウドがおすすめ!その理由とは

バックオフィスとは、法人の経理担当や事務員、総務などを指します。

このバックオフィスは、基本的に取引を管理したりお金を管理するためミスを起こしてしまうと、大きな問題につながる可能性があります。

そのため、ミスを起こさないよう業務効率化したり、システムを導入し業務をシステムに任せたりすることがバックオフィス業務をミスなく行う方法の一つといえます。

このシステムな中でも「クラウドサービス」は、導入のしやすさや効果を感じやすい点から多くのバックオフィス担当者から利用されています。

そこで今回は、バックオフィス業務をクラウド活用することでどのような効果が見込めるのかを解説します。

目次

バックオフィスの業務内容

バックオフィスの課題

 ┗人材不足

 ┗業務負担が大きい

 ┗テレワークが導入しづらい

課題解決方法

バックオフィス業務をクラウド移行して業務効率化したいなら

バックオフィス業務をクラウド移行で効率化したいなら、アプリップリクラウドデスクトップがおすすめです。

アプリップリクラウドデスクトップとは、弥生会計や販売大臣などのインストール型デスクトップアプリをクラウド移行するサービスです。

インストール型デスクトップアプリをクラウド空間に移行するため、1つのだけではなく複数のアプリをまとめてクラウド移行することができます。

メーカーの異なるアプリもまとめてクラウド移行できますので、これまでネックになっていたアプリ間の連動性などを維持したままクラウド化できます。

クラウドサービスで、バックオフィス業務を効率化しませんか?

バックオフィス業務をクラウドで効率化

バックオフィスの業務内容

バックオフィスは、フロントオフィスと逆の意味を持っており、企業の裏方の業務を担当します。

業務内容を簡単に話しますと、「ヒト、モノ、カネ」の経営資源を管理することです。

企業としてこの3つをうまく管理できると、生産性向上や業務効率化につなげることが可能になってきます。

そのため、あまり目立たないバックオフィス業務ですが、バックオフィス業務に力を入れることでフロントオフィス含め会社全体を最適化させることができるのです。

バックオフィスの課題

このようにバックオフィス業務は、企業が成長するうえで重要な役割を担っています。

しかし、多くのバックオフィス業務担当者は、様々な課題に悩まされているかと思います。

代表的な例を3種類上げると以下のようなものが挙げられます。

人材不足

バックオフィス業務で最も多くの方が困っているのが人材不足です。

バックオフィス業務で人材不足が発生する理由は、簿記などの資格が必要になってくるからです。

簿記の資格を取得するには、ゼロから学習を始めた場合にしっかりと学習しなければ資格が取れません。

企業の経営資源を取り扱うことになるからこそ、最適な人材が必要になるため、人材を集めるのは非常に困難です。

業務負担が大きい

二つ目は、業務負担が大きい点です。

先ほども申しました通り、バックオフィスは企業の経営資源を管理する部署です。

そのため、企業の全部署や取引先様など多くのことを管理する必要があります。

更に、多くのことを管理する必要があるうえで、バックオフィス業務は売り上げに直結しないという理由から経営者から軽視され多くの人員は裂けないと判断されがちです。

少人数で多くの業務を負担する必要があるため、一人当たりの業務負担は大きくなります。

テレワークが導入しづらい

最後はこちらです。

バックオフィス業務は、経営資源に加え多くの書類も取り扱う部署です。

近年では、SDGsなどの環境を配慮する活動が主流になあっているため、様々な書類が電子化していますが、まだまだ紙面でのやり取りをしている企業はあると思います。

紙面で書類を作成している場合、必ず対面でのやり取りが必要になるため、このような企業のバックオフィス業務はテレワークを導入しづらいです。

もし、紙面をPDFやメールだけでのやり取りにできるのであれば、経営資源削減にも繋がりますし、テレワークも導入しやすくなります。

課題解決方法

このように、バックオフィスは様々な課題が存在しています。

では、どのように課題を解決すればよいのでしょうか。

おすすめは「クラウドサービス」を活用することです。

バックオフィス業務にクラウドサービスを導入することで、場所を選ばずに業務を行うことができるようになります。

更に、情報共有を紙面ではなく画面上でも行えるようになります。

こうすることで、バックオフィスの採用地域を地元から全国各地に拡大することができます。

バックオフィスの人材が増えれば業務課題は解消され、企業にとってもスピード感ある事業が行えるようになります。

また、アプリップリクラウドデスクトップをご利用すれば、複雑な設定をすることなく、パソコンのデスクトップ環境を丸ごとクラウド移行することができます。

クラウド環境は何人で使用しても問題ないので、多くの人と情報共有が瞬時に行えるようになります。

気になる方は、ぜひHPはでお越しください。

アプリップリクラウドデスクトップ

テレワーク導入でバックオフィス業務を効率化