テレワークのやり方とは?|仮想デスクトップのメリットとデメリットを解説

テレワークのやり方とは?|仮想デスクトップのメリットとデメリットを解説

テレワークは、コロナ禍の最中に自宅でも業務を遂行するために多くの企業が導入したことで話題になっていたこともあり、やり方を知りたい方も多くいらっしゃると思います。

テレワークは、自宅で作業を行えるだけではなく、場所を選ばずに業務に取り掛かれる点や雇用を拡大できる点などから、コロナ禍ではない現在でも継続してテレワークを導入している会社は数多く存在します。

このように、テレワークには多くのメリットがあります。

しかし、テレワークのやり方が分からない方もおおくいらっしゃるのではないでしょうか。

実は、テレワークには「仮想デスクトップ」というものを利用できれば、簡単にテレワークを導入できます。

そこで本記事では、テレワークのやり方について仮想デスクトップの話を交えながら解説します。

目次
 リモートワークとテレワークの違い
テレワークのやり方
仮想デスクトップ(VDI)
仮想デスクトップ(VDI)でテレワークを導入するメリット
どの機械からでも同じ作業を行うことができる
管理が簡単
パソコンのスペックに依存しない
仮想デスクトップ(VDI)でテレワークを導入するデメリット
インターネット環境を用意する必要がある
動作が遅くなることがある
仮想デスクトップを利用したテレワークのやり方
仮想デスクトップを利用したテレワークのやり方
注意点
目的を明確にしておく
情報漏洩のリスクを考えておく
テレワークのやり方
目的を明確にしておく
予算を定める
必要なICTやシステムを調査・導入する
テレワークのやり方で迷っているならアプリップリクラウドデスクトップがおすすめ
テレワークのやり方でご検討中の方におすすめのサービス

テレワークのやり方で検討中の方にアプリップリクラウドデスクトップをご紹介!

こちらのシステムは、クラウド仮想デスクトップサービスで仮想デスクトップ環境に使いたい業務ソフトやデスクトップアプリを取り込むだけで

テレワークを導入できるクラウドサービスです。

サービスサイトはこちら↓

テレワークのやり方で悩まれているならアプリップリクラウドデスクトップがおすすめ

テレワークとは

テレワークとは「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」のこと。Tele(離れて)とWork(仕事)を組み合わせた造語です。要するに本拠地のオフィスから離れた場所で、ICTを使って仕事をすることです。

テレワークは「場所にとらわれない仕事のスタイル」を実現できることで、働き方改革の手段として重視される一方、「人と人との接触」を減らすことができることから、近年は新型コロナウイルス等の感染症の拡大を防止する有力な手段としても注目されています。

テレワークを「働く場所」という観点から分類すると、自宅で働く「在宅勤務」、本拠地以外の施設で働く「サテライトオフィス勤務」、移動中や出先で働く「モバイル勤務」があります。

引用元:厚生労働省_テレワーク総合ポータルサイト(https://telework.mhlw.go.jp/telework/about/

リモートワークとテレワークの違い

テレワークとリモートワークの違い

テレワークと同じような言葉でテレワークという言葉をよく耳にすると思います。

この2つの言葉の違いをご存じでしょうか。

実は、意味的な違いはほぼありません。

しいて言うのであれば、テレワークは元から存在していた言葉であることに対してリモートワークは勝手に生まれた言葉だということです。

テレワークのやり方

テレワークのやり方

テレワークのやり方はいくつかありますが、今回は「仮想デスクトップ(VDI)」サービスを利用したテレワークのやり方を解説します。

仮想デスクトップ(VDI)

仮想デスクトップ(VDI)は、デスクトップ環境をサーバー上で作成し、そのデスクトップ環境を遠隔地から操作する方法のことを指します。

仮想デスクトップは、2種類あるということです。

今回解説する仮想デスクトップとは別に、Windowsのデスクトップ上に複数のデスクトップを作成するものもあります。

このWindowsの仮想デスクトップと仮想デスクトップ(VDI)は別物ですのでそこは注意していただきたいです。

仮想デスクトップ(VDI)でテレワークを導入するメリット

仮想デスクトップでテレワークを導入するメリット

では、仮想デスクトップ(VDI)でテレワークを導入するとどのようなメリットがあるのでしょうか。

以下のようなメリットがあります。

メリット
  • どの機械からでも同じ作業を行うことができる
  • 管理が簡単
  • パソコンのスペックに依存しない

どの機械からでも同じ作業を行うことができる

テレワークを導入する目的は会社それぞれ理由があるかと思いますが、どの端末やPCからでも同じ作業が行えるとメリットを受ける方は多いのではないでしょうか。

コロナ禍のような状況で自宅から作業を行えることはもちろんのこと、アパレル業界などでよくみられるエリアマネージャー担当であれば、担当エリアの店舗先にあるどのパソコンからでも同じ作業が行えるようになりますので、パソコンを持ち歩く必要が無くなります。

更に、地震や落雷などの自然災害からデータを守ること(BCP対策)にもメリットがあります。

仮に地震でオフィスが倒壊してしまった場合、データをオフィスのサーバーで管理していたとしたらそのデータを取り出すことは極めて難しいでしょう。

しかし仮想デスクトップ環境にデータを置いておいた場合、データは守られ更にPCとインターネット環境さえ整えればすぐに作業を再開することが可能です

管理が簡単

テレワークを導入するうえで多くの方が気にする懸念点は、情報漏洩のリスクがあることではないでしょうか。

しかし仮想デスクトップであれば、1つの環境に複数のデスクトップアプリを配置する仕組みですので、簡単に一元管理できます。

今流行りのアプリ自体がクラウド化されているサービスは確かに便利ですが、それぞれがバラバラに稼働しますので管理が非常に大変です。

しかし仮想デスクトップでテレワークを導入すれば、1つの仮想デスクトップを管理するだけで終わりです。

パソコンのスペックに依存しない

仮想デスクトップ(VDI)の稼働環境はサーバー上またはクラウド上ですので、稼働環境の性能で動きが変わります。

そのため、スペックの低いパソコンであっても仮想デスクトップの環境次第でハイスペックになることがあります。

仮想デスクトップ(VDI)でテレワークを導入するデメリット

仮想デスクトップでテレワークを導入するデメリット

このように、仮想デスクトップでテレワークを導入することで、様々なメリットがあります。

しかしその反対にデメリットも存在します。

デメリット
  • インターネット環境を用意する必要がある
  • 動作が遅くなることがある

インターネット環境を用意する必要がある

テレワークのやり方の絶対条件として、ICTを活用する必要があります。

そのため、PCは絶対に用意しないといけないことはもちろんなのですが、クラウド環境にアクセスする必要がありますのでインターネット環境を並んで必要不可欠になります。

とはいえ、現在の世の中はスマートフォンの普及に伴い自宅でもインターネット環境を整えている方は多くいらっしゃるとは思いますが、仮に整えていなかった場合、インターネット環境を整えるまでに時間を要する恐れがありますのでご注意ください。

動作が遅くなることがある

仮想デスクトップはクラウド環境で稼働しているため、どうしてもインターネット環境に依存してしまう形になります。

そのため、インターネット側でネットワーク障害などが発生した場合は、動作が遅くなることがあります。

ただインターネット障害が発生した場合は、オフィスで業務を行っていたとしても影響を受けることではあります。

テレワークをするうえでこのインターネット環境を整えるということはかなり重要になりますので、重点を置いて整えるべきでしょう。

仮想デスクトップを利用したテレワークのやり方

テレワークのやり方(仮想デスクトップ)

以上のように、仮想デスクトップには様々なメリットデメリットがあります。

これらを踏まえて、仮想デスクトップを利用したテレワークのやり方を解説します。

注意点

仮想デスクトップを利用したテレワークのやり方を解説する前に、注意点をお話しします。

注意点は以下の通りです。

注意点

  • 目的を明確にしておく
  • 情報漏洩のリスクを考えておく

目的を明確にしておく

テレワークのやり方はいくつもありますが、この目的を明確にしておくことは非常に重要になってきます。

もし目的が明確になっていなかった場合、導入すべきアプリやシステムを間違えてしまう恐れがあり、無駄な費用が発生してしまう恐れがあります。

そのため、目的を明確にし最適なテレワークを導入しましょう。

ちなみに、よくある目的は以下のようなものです。

テレワーク導入目的
  • 柔軟な働き方
  • 人材確保
  • コスト削減
  • 災害・非常時対策

情報漏洩のリスクを考えておく

テレワークを導入するうえで最も注意すべき点が、情報漏洩です。

テレワークは、会社の情報を社外に持ち出して作業を行うため、オフィスで作業を行うより情報漏洩のリスクは高くなってしまいます。

そのため、テレワークの注意事項を記載した資料を作成し配布しておくなどの措置はしておくべきでしょう。

また、情報漏洩しづらいシステムを導入することも重要になります。

情報漏洩に関しては、社員一人一人の意識も重要になりますので、企業側の体制も重要になりますのでしっかりと情報を共有しておきましょう。

テレワークのやり方

仮想デスクトップを利用したテレワークのやり方は以下の通りです。

テレワークのやり方
  1. 目的を明確にしておく
  2. 予算を定める
  3. 必要なICTやシステムを調査・契約する
  4. 試してみる

目的を明確にしておく

注意点でも申しましたが、目的は定めておきましょう。

予算を定める

目的が決まりましたら、次に目的を達成するためにどれくらいの費用が掛かるのかを調べてみましょう。

パソコンやネットワーク環境から整えようとした場合、かなりの費用が掛かってしまう恐れがあります。

もし予算的に厳しそうだと感じた時は、「厚生労働省_テレワーク総合ポータルサイト」をチェックしてみるといいかもしれません。

最初の方にも話しましたが、テレワークは厚生労働省も推奨している取り組みであるため、助成金がもらえることがあります。

厚生労働省のほかにもお住まいの地域限定で補助金が出たりしますので、このような安く導入できる仕組みを利用してテレワークを導入すれば、費用を最小限におさえることができます。

厚生労働省_テレワーク総合ポータルサイト

必要なICTやシステムを調査・導入する

テレワークのやり方は、単体で動くクラウドサービスやリモートデスクトップを利用する方法などがありますが、今回は仮想デスクトップを利用した方法で解説します。

仮想デスクトップを利用したテレワークのやり方はいたってシンプルで、テレワークに必要なPCやネットワーク環境を整え、仮想デスクトップサービスを契約だけで準備は完了です。

契約した仮想デスクトップサービスをPCに取り込めば、いつでもどこでもどのPCからでもテレワークで業務を行うことができるようになります。

テレワークのやり方で迷っているならアプリップリクラウドデスクトップがおすすめ

アプリップリクラウドデスクトップは、クラウド上で稼働する仮想デスクトップサービスです。

通常の仮想デスクトップとは異なり、サーバーの必要が無い仮想デスクトップですので、簡単にテレワークを導入することができます。

稼働環境は世界3大クラウドサービスの一つである環境を利用しており、1つの環境を確認するだけで一元管理できます。

アプリップリクラウドデスクトップを利用してテレワークのやり方を検討されてみませんか?

リモートワークのやり方を検討する方にアプリップリクラウドデスクトップをおすすめします