大蔵大臣シリーズ(インストール型)をクラウド移行する方法を解説!

大蔵大臣はアプリップリクラウドでクラウド移行できるのか

大蔵大臣シリーズ(インストール型)はクラウド移行可能か。

販売大臣を含む大蔵大臣シリーズをそのままクラウド移行することは可能です。

大蔵大臣シリーズ(インストール型)をそのままクラウド化できるため、クラウド移行しても業務に影響が出づらくスムーズに業務を遂行することができます。

大蔵大臣シリーズをクラウド移行する方法は以下の通りです。

  1. アプリップリクラウドデスクトップを契約する。
  2. 大蔵大臣クラウドを契約する。

大蔵大臣シリーズをクラウド移行するメリット

大蔵大臣シリーズをクラウド移行するメリットは以下の通りです。

  • 場所を選ばずに作業を行える
  • 災害対策に繋がる
  • 情報共有が円滑になる・・・など

このように、大蔵大臣シリーズをクラウド移行すれば、様々なメリットを受けることができます。

大蔵大臣シリーズのクラウド移行をアプリップリクラウドデスクトップで

大蔵大臣シリーズのクラウド移行をアプリップリクラウドデスクトップで行う場合、このようなメリットを受けることができます。

  1. シンプルなプランで簡単にクラウド移行可能
  2. 他メーカーのパッケージもまとめてクラウド移行
  3. 世界三大クラウドサービスの稼働環境で安全

解説します。

シンプルなプランで簡単にクラウド移行

アプリップリクラウドデスクトップでは、販売プランを3つご用意いたしております。

CPUやディスクなどの複雑な設定は一切必要が無く誰でも簡単にクラウド移行できます。

また、分からないことがあればお気軽にご相談ください。

他メーカーの業務パッケージもまとめてクラウド移行

一つのクラウド環境に容量の数だけ業務ソフトを取り込むことが可能です。

最近のメーカーからリリースされる業務ソフトは、既にクラウド化されているソフトばかりです。

そのため、それらすべてをクラウドで契約する場合、クラウド料金が何重にもかかってしまうことになり、大変勿体ないです。

更に、請求もバラバラになるため、請求書の管理も一苦労になります。

アプリップリクラウドデスクトップであれば、これらを1まとめにすること合できます。

クラウドの料金を1本化すれば、余分な費用は削減することができ、管理もまとめて行うことが可能です。

世界3大クラウドサービスの稼働環境で安全

アプリップリクラウドデスクトップは、世界三大クラウドサービスの一つであるMicrosoft Azureで稼働しております。

そのため、安全性は非常に高く災害対策に繋がります。

BCP対策として導入されている企業様も多くいらっしゃいます。

大蔵大臣シリーズを含む複数の業務パッケージをまとめてクラウド移行

以上のように、アプリップリクラウドデスクトップには、様々なメリットがあります。

インストール型の大蔵大臣シリーズを複数人でご利用される場合は、サーバー管理が必要になりますのでかなり大変かと思います。

サーバーに知識が無い方や、メーカーの異なる業務パッケージをご利用されている方は、ぜひともアプリップリクラウドデスクトップでクラウド移行を検討されてみてください。

アプリップリクラウドデスクトップ