クラウドでサーバーの業務課題を解決!クラウドとサーバーの比較

サーバー管理業務をクラウドシフトで業務軽減

サーバー管理業務をクラウドシフトで業務軽減

公開日:2024/01/25 更新日:2024/02/06

サーバーは、企業のネットワーク環境を整えるために重要な役割を担っています。しかし、必ずしも必要なものではないことをご存知でしょうか。その理由は、クラウドサービスが普及しているからです。クラウドサービスを利用すれば、サーバーを利用しなくとも、安価で早く簡単にオフィスのネットワーク環境を整えることができます。
こちらの記事では、サーバーやクラウドサービスについて表など交えながら詳しく解説いたします。

目次

サーバーとは?

サーバー管理とは

サーバー管理者を雇うメリット

サーバー管理者を雇うデメリット

サーバーの代わりになるもの

クラウドの特徴

サーバーからクラウドに乗り換えるメリット

最後に

クラウドでサーバーのコストを削減

サーバーとは?

サーバーは、コンピュータネットワーク上で情報やサービスを提供するコンピュータシステムのことを指し、ユーザーがアクセスできるようにデータを保存し、必要に応じてそのデータを提供したりしています。

例えば、ウェブサーバーはウェブページの情報を保持し、ユーザーがインターネットブラウザを通じてそのページにアクセスすると、その情報をユーザーのコンピュータに送信します。

このように、サーバーは様々な場面で活躍しており、現代のデジタル社会における中心的な役割を果たしているといえます。

サーバー管理とは

一方、サーバーがあれば便利であることは間違いありませんが、サーバー本体は手入れやメンテナンスなどが必要であり、サーバーを管理する人が必要になってきます。

サーバー管理とは、コンピューターネットワーク上のサーバーの設定、運用、保守を行うことを指します。

それらの機能を安定的に運用できるようにするためには、サーバーを管理できる従業員、つまり「サーバー管理者」を雇う必要が出てきます。

サーバー管理者を雇うメリット

サーバー管理者を雇うメリットとして挙げられるのは、以下の通りです。

専門知識:サーバー管理者は、サーバーの設定、保守、トラブルシューティングに関する専門的な知識を持っています。

これにより、企業はITインフラの問題を迅速に解決し、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

時間の節約:サーバーの管理と保守は時間がかかる作業です。

サーバー管理者を雇うことで、他の重要なビジネス活動に集中するための時間を確保することができます。

セキュリティの強化:サーバー管理者は、サイバーセキュリティの脅威から企業を守るための最新のセキュリティプロトコル(ネットワークを安全に扱うために、暗号化などして安全性を高めるために利用するもの)を理解しています。

これにより、企業のデータと情報が安全に保たれます。

コスト効率:サーバーの問題を自社で解決しようとすると、しばしば高額な修理費用や機器の交換費用が発生します。

サーバー管理者を雇うことで、これらの外注費などを抑えることができます。

サーバー管理者を雇うメリット

専門知識:サーバー管理者は、サーバーの設定、保守、トラブルシューティングに関する専門的な知識を持っています。これにより、企業はITインフラの問題を迅速に解決し、ダウンタイムを最小限に抑えることができます。

時間の節約:サーバーの管理と保守は時間がかかる作業です。サーバー管理者を雇うことで、他の重要なビジネス活動に集中するための時間を確保することができます。

セキュリティの強化:サーバー管理者は、サイバーセキュリティの脅威から企業を守るための最新のセキュリティプロトコル(ネットワークを安全に扱うために、暗号化などして安全性を高めるために利用するもの)を理解しています。これにより、企業のデータと情報が安全に保たれます。

コスト効率:サーバーの問題を自社で解決しようとすると、しばしば高額な修理費用や機器の交換費用が発生します。サーバー管理者を雇うことで、これらの外注費などを抑えることができます。

サーバー管理者を雇うメリット

サーバー管理者を雇うデメリット

コスト:サーバー管理者は専門的なスキルと経験を持っています。そのため、サーバー管理者の給与は一般的に高く、これは特に中小企業や個人事業主にとっては大きな負担となる可能性があります。さらに、地方の企業になってくると、そもそも人を雇えない可能性も浮上してきます。

依存性:サーバー管理者が唯一の知識源となると、その人が休暇を取ったり、退職したりした場合、企業は困難な状況に直面する可能性があります。

セキュリティリスク:サーバー管理者は企業の重要なデータにアクセスできます。したがって、不適切な行動を取る可能性がある人物を雇うと、企業のセキュリティが危険にさらされる可能性があります。そのため、慎重に人材を選ぶ必要があります。

技術の教育:テクノロジーは急速に進化しており、サーバー管理者が最新のスキルと知識を維持するためには、定期的な研修や教育が必要となります。これは追加の時間と費用を必要とします。

サーバー管理者を雇うデメリット

 

コスト:サーバー管理者は専門的なスキルと経験を持っています。そのため、サーバー管理者の給与は一般的に高く、これは特に中小企業や個人事業主にとっては大きな負担となる可能性があります。さらに、地方の企業になってくると、そもそも人を雇えない可能性も浮上してきます。

依存性:サーバー管理者が唯一の知識源となると、その人が休暇を取ったり、退職したりした場合、企業は困難な状況に直面する可能性があります。

セキュリティリスク:サーバー管理者は企業の重要なデータにアクセスできます。したがって、不適切な行動を取る可能性がある人物を雇うと、企業のセキュリティが危険にさらされる可能性があります。そのため、慎重に人材を選ぶ必要があります。

技術の教育:テクノロジーは急速に進化しており、サーバー管理者が最新のスキルと知識を維持するためには、定期的な研修や教育が必要となります。これは追加の時間と費用を必要とします。

サーバー管理者を雇うデメリット

ここまでのメリットとデメリットをまとめると、以下のようになります。

サーバー管理者を雇うと、問題を早急に解決できる点や安心してサーバーを運用していける点、そしてサーバーの物的にかかる費用を抑えることができる点などがあります。しかし、技術者を雇うことに大きな費用を払わなければいけない点や、そもそも適任の人材が雇えない点、そして一人の人材に依存してしまう点などのデメリットがあることが分かりました。

では、サーバー管理者を雇わない場合、どのようにすれば安定的にネットワーク環境を扱えるのでしょうか。

クラウドでサーバーのコストを削減

サーバーの代わりになるもの

サーバーの代わりとして代表的なものが、「クラウド」です。クラウドとは、インターネットを通じてデータストレージ(容量)、サーバー、データベース、ネットワーキング、ソフトウェア、分析などのコンピューティングリソースをオンデマンドで提供する技術のことを指します。簡単に言いますと、インターネット上でサーバーと同じようなことができるということです。また、クラウドという名前の由来は、インターネットなどの外部のネットワークを雲の絵やアイコンで表現していたことに由来します。

クラウドの特徴

クラウドの特徴は以上の通りです。

柔軟性:クラウドサービスは、ビジネスの規模や成長に応じて時間や容量を柔軟に増減させることが可能です。これにより、必要なときに必要なだけ利用することができます。

コスト効率:クラウドは、ハードウェアやソフトウェアの購入、設置、メンテナンス、サーバーリプレイスなどにかかるコストを削減します。また、サーバー管理するためにかかる電力消費や冷却コストも削減できます。

場所を選ばない:クラウドサービスは、インターネットに接続された任意のデバイスからアクセス可能です。これにより、出張先や外出先など場所に関係なく柔軟に作業を行うことができます。また、インターネットを接続するだけでテレワークを導入することも可能です。

セキュリティ:多くのクラウドの提供会社は、データを保護するための強力なパスワード設定や、データセンターを複数個持つなどすることでセキュリティ対策を綿密に行っております。

クラウドの特徴

柔軟性:クラウドサービスは、ビジネスの規模や成長に応じて時間や容量を柔軟に増減させることが可能です。これにより、必要なときに必要なだけ利用することができます。

コスト効率:クラウドは、ハードウェアやソフトウェアの購入、設置、メンテナンス、サーバーリプレイスなどにかかるコストを削減します。また、サーバー管理するためにかかる電力消費や冷却コストも削減できます。

場所を選ばない:クラウドサービスは、インターネットに接続された任意のデバイスからアクセス可能です。これにより、出張先や外出先など場所に関係なく柔軟に作業を行うことができます。また、インターネットを接続するだけでテレワークを導入することも可能です。

セキュリティ:多くのクラウドの提供会社は、データを保護するための強力なパスワード設定や、データセンターを複数個持つなどすることでセキュリティ対策を綿密に行っております。

クラウドの特徴

このように、クラウドを導入することで様々なメリットで課題を解決できます。では、サーバーからクラウドに移行するとなった場合、どのようなメリットがあるのでしょうか。次に解説いたします。

サーバーからクラウドに乗り換えるメリット

サーバーからクラウドに移行すると以下のようなメリットが生まれます。

コスト削減:クラウドは、サブスク制で導入できるため、初期費用を抑えて導入することができます。さらに、サーバーの保有・メンテナンスが必要ないため、安く簡単に導入することができます。

スケーラビリティ:クラウドサービスは、ビジネスの需要に応じてリソースを簡単に容量追加または容量削除することができます。これにより、ビジネスの成長に合わせてインフラストラクチャを柔軟に調整することが可能です。

どこでも利用できる:クラウドサービスは、インターネットに接続された任意のデバイスからアクセス可能です。これにより、出張先や外出先などから利用できるため、自由な働き方が実現できます。

データの保護:クラウドプロバイダーは、データのバックアップと復元を自動化し、データロスのリスクを軽減します。また、多くのクラウドの提供会社は、データを保護するための強力なセキュリティ対策を提供します。

最新技術の利用:クラウドの提供会社は、常に新しいものを提供します。そのため、契約された企業は常に新しい技術を導入し、競争優位性を維持することができます。

横スクロールできます!

サーバーとクラウドの比較

サーバークラウド理由

コスト

【サーバー】:サーバーの保守運用ができる人材を社内で雇う場合に、人件費がかかってしまう上に、サーバー本体の価格や、サーバーの維持費がかかってくるので、様々な費用を考慮しても高いといえます。

【クラウド】:クラウドの魅力はその安さにあります。クラウドを導入すると、社内で技術者を雇う必要が無くなるため、人件費がかかりません。更に、料金形態はサブスクリプションを取り入れている販売者が多いこともあり、料金も払いやすい金額となっております。

容量

【サーバー】:購入したハードウェアの容量が上限となるため、少ないとは言えませんが柔軟性に欠けます

【クラウド】:必要に応じて容量をすぐに増やすことができます。クラウドの提供会社に頼むとすぐに増量も可能なので、簡単に容量を増やすことができます。

安全性

【サーバー】:サーバー管理者に依存する形にはなりますが、比較的安全といえます。信頼できるサーバー管理者に委託できればより安全といえます。VPN接続をすると更に安全になりますが、費用が伴います。

【クラウド】:サーバーと違いインターネット上でデータを管理しているため、パソコンやコンピューターが破損してもデータは守られます。また、ウイルス対策も万全で、パスワードの暗号化や、データセンターを複数拠点構えることで、安全性を保っています。

アップデート×

【サーバー】:手動で行うか代理店に委託するしかないため、恒常的に最新版を利用するには時間と専門知識が必要になってきます。そのため、常に最新バージョンを扱うことは困難です。

【クラウド】:アップデートに関してはクラウドの提供会社が自動で行ってくれるため、最新の機能とセキュリティを恒常的に利用できます。

通信の安定性

【サーバー】:物理的にインフラとネットワークを接続しているため、通信環境は安定しています。

【クラウド】:インターネット環境に依存するため、基本的には安定してクラウド環境を利用できますが、場所によっては不安定になることがあります。通信環境が不安な場合は無料体験版などを利用することをお勧めします。

このように、クラウドには様々なメリットがあります。しかし、サーバーの安全性や通信の安定性など、クラウドに勝る部分もありますので、ご自分に合ったサービスを選ぶことで、より業務を快適に進めていけるでしょう。

クラウドでサーバーのコストを削減

サーバーとクラウドに関してのまとめ

ここまでで、サーバー管理やクラウドの話をしてきましたが、まとめますと以下のようになります。

サーバー管理職を雇うことで、オフィスのサーバー廻りのトラブルは、すぐさま解決できるが、その分費用が掛かってしまうため、資金に余裕のある方はサーバーをお勧めします。反対に、サーバーを管理する資金に余裕がなく、サーバーやネットワークに詳しくない方は、クラウドを検討されてみて下さい!

また、弊社ではクラウドサービスを提供しております。ご興味ございましたらこちらをクリック!