弥生販売と連携できるシステム・ツールはありませんか?

弥生販売や弥生会計とAPI連携できるツールをご用意しております。

弊社では、アプリップリプラットフォームにて弥生販売とAPI連携して、外部の商品台帳や売上伝票などのデータを自動でインポートできる弥生販売自動インポートツールや、外部の見積もりデータやオンラインショップの取引データをテンプレートを利用することで簡単に取り込み作業が行える通販受注データ変換取込モジュールを提供しております。

弥生販売以外にも、様々なバックオフィスの基幹システムをクラウド化するアプリップリ クラウドやデスクトップ環境をそのままクラウド化するアプリップリ クラウド デスクトップも販売しております。

料金形態はサブスクリプションを採用しており毎月お求めやすい金額で提供しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

<アプリ例>

弥生販売とAPI連携1:【弥生販売自動インポートツール】

他のユーザーが弥生販売を利用していてもインポート作業が行える

CSVファイルを自動で弥生販売へ取り込むことができます

解消される課題

    • 他のユーザーが弥生販売を使用していても、取り込み作業を行うことができるようになります。
    • 自動でインポートするため、作業時間を大幅に削減でき、業務効率化に繋がります。
    • 手作業を減らせるため、入力ミスやヒューマンエラーを削減できます。

CSVファイルを弥生販売へインポートする

弥生販売自動インポートツール|弥生連携アプリはこちら

 

弥生販売とAPI連携2:【通販受注データ変換取込モジュール】

通販受注データ変換取込モジュール

Amazonや楽天の受注データを弥生販売へ変換取込できます

解消される課題

  • ECサイトや自社独自システムの受注データを弥生販売の受注伝票インポート形式に簡単に変換し、変換取込できます。手作業で転記していた伝票入力作業をなくすことで大幅な時短・ミス軽減につながります。
  • 変換する受注データ形式によって変換テンプレートを作成。初回設定時にテンプレートを作成するため、2回目以降は変換処理のみですぐにインポート作業が可能となります。
  • ECサイト等では管理していない商品原価や税区分情報などを、当ツールの変換・取込処理の際に、弥生販売商品台帳から情報を取得し、伝票登録に反映させることができます。

  • リピーター顧客など販売実績のある得意先は、受注データの購入元情報(氏名、電話番号、住所など)をもとに弥生販売の得意先コードを参照します。そのため、既存顧客の購入元情報を何度も入力する必要がなく、作業が効率化されます。

ECサイトと弥生販売を連携し、受注データをインポート

通販受注データ変換取込モジュール|弥生連携アプリはこちら

弥生販売以外とAPI連携3:【アプリップリクラウドデスクトップ】

クラウドデスクトップ、業務ソフトをクラウド化する

弥生以外の業務ソフトもクラウド化します。

解消される課題

    • テレワークの導入により人手不足は解消されます。テレワークを導入することで、これまでターゲットにできなかった地域の従業員を従業員として雇うことができます。
    • 場所にとらわれることなく作業を行うことができます。出張先からでも作業を行いたい方にもおススメです!
    • 社業の一元管理ができるため、管理者の業務負担を軽減します。

アプリップリクラウドデスクトップはこちら

弥生販売とAPI連携1
【弥生販売用自動インポートツール】

弥生販売を他のユーザーが使用中でもインポート作業が可能になるツール

CSVファイルを自動で弥生販売へ取り込むことができます

解消される課題

・他のユーザーが弥生販売を使用していても、取り込み作業を行うことができるようになります。

・自動でインポートするため、作業時間を大幅に削減でき、業務効率化に繋がります。

・手入力がなくなるため、入力ミスやヒューマンエラーを削減できます。

弥生販売自動インポートツール|弥生連携アプリはこちら

弥生販売とAPI連携2
【弥生販売受注データ変換ツール】

弥生販売とECサイトを連携し、受注データを取り込むツール

Amazonや楽天の受注データを弥生販売へ変換取込できます

解消される課題

・ECサイトや自社独自システムの受注データを弥生販売の受注伝票インポート形式に簡単に変換し、変換取込できます。手作業で転記していた伝票入力作業をなくすことで大幅な時短・ミス軽減につながります。

・変換する受注データ形式によって変換テンプレートを作成。初回設定時にテンプレートを作成するため、2回目以降は変換処理のみですぐにインポート作業が可能となります。

・ECサイト等では管理していない商品原価や税区分情報などを、当ツールの変換・取込処理の際に、弥生販売商品台帳から情報を取得し、伝票登録に反映させることができます。

・リピーター顧客など販売実績のある得意先は、受注データの購入元情報(氏名、電話番号、住所など)をもとに弥生販売の得意先コードを参照します。そのため、既存顧客の購入元情報を何度も入力する必要がなく、作業が効率化されます。

ECサイトと弥生販売を連携し、受注データをインポート

通販受注データ変換取込モジュール|弥生連携アプリはこちら

弥生販売以外ともAPI連携3
【アプリップリクラウドデスクトップ】

クラウドデスクトップ、業務ソフトをクラウド化する

弥生以外の業務ソフトもクラウド化します。

解消される課題

・テレワークの導入により人手不足は解消されます。テレワークを導入することで、これまでターゲットにできなかった地域の従業員を従業員として雇うことができます。

場所にとらわれることなく作業を行うことができます。出張先からでも作業を行いたい方にもおススメです!

・社業の一元管理ができるため、管理者の業務負担を軽減します。

アプリップリクラウドデスクトップはこちら

アプリのご相談・お問い合わせはこちら

お問い合わせはこちら