クラウド型仮想デスクトップの活用事例

利用する場面の例

出張時・外出時ホテルや空港など出張中の様々な場所で、会社と同じデスクトップ環境を安全に利用できるため、業務の継続性を確保できます。
また、出張中に発生した急ぎの業務にも迅速に対応が可能です。
リモートワーク
コワーキング
自宅での勤務をスムーズに行うための理想的なサービスとしてクラウドデスクトップがあります。
オフィスで使っていた環境がクラウド上にあるので、自宅からでも同じ業務ソフトウェアやデータにアクセス可能です。
複数のオフィス多拠点で同じデータを共有する場合、一貫したデータをクラウド上で管理できるため、業務効率を高めることができます。
屋外の現場土木・建築業など屋外の現場が多く、現場監督が業務データを扱いたい場合でも効果を発揮します。
モバイルWi-Fiなどでインターネット回線を用意するだけで、屋内で使っていたパソコンと同じデータを取り扱うことが可能です。
緊急時災害や緊急を要する事態の際でも、クラウド環境にデータがあるので、安全な場所から業務を継続することができます。

活用方法の例

複数のソフトウェア対応でERPを一元管理

クラウド環境では、様々な業務ソフトウェアを同一環境で利用ができるので、ソフトウェアのインストール・更新・設定変更などをまとめて管理することができます。

プロジェクトの進行状況をリアルタイムで共有

同じクラウド環境にアクセスができるので、データ共有が容易になり、リアルタイムでの情報共有を可能とします。

データ処理に時間がかかる作業はクラウド上で実行

ハイスペックなクラウド上のパソコンでなら『5分かかっていた書き出し処理がたったの30秒になる』など、高速な処理を実現できるので、ローカル環境とマルチタスクで業務にあたることができます。

同一パソコンから複数ユーザーに同時ログイン

経営者・会計士・税理士の方におすすめの使い方。会計処理や会計分析をする際に、データを並べて比較したいを実現できます。
Excelを左右に並べて表示する感覚で、2つのデスクトップ画面を並べてデータ比較ができます。

A拠点で開いた画面をB拠点でそのまま引き継げる

クラウド環境に同じユーザーでアクセスした場合、前回デスクトップ上に開いた画面のまま引き継ぐことができます。
手元の端末が異なっていても影響はないので、データ共有や業務効率化に効果的です。


特徴・メリット

活用事例

プラン・オプション料金

よくある質問

オンライン相談

お問い合わせ

アプリップリクラウドデスクトップ