弥生販売21対応版「弥生販売自動インポートツール」がリリースされました!

受注伝票データを自動で弥生販売へインポートできる「弥生販売自動インポートツール


弥生販売21対応版がリリースされました!

こんなお困りごとを解消!

  • 伝票データを自社システムと弥生販売の両方に入力されている方
  • 伝票・台帳の登録が膨大な件数になる方
  • 弥生販売へのデータインポートを時間短縮したい方
  • 弥生販売へのデータインポート中、他の弥生販売ユーザーが入力できなくて困っている方

弥生販売自動インポートツールの特長

  • インポート中でも他のユーザーが利用可能
  • スケジュール設定が可能で、一日の終わりなど定期的なインポートに最適!
  • CSV、TXTデータなど複数のインポートファイルを一括処理可能
  • インポート済、エラーになったファイルは別階層でフォルダ管理されるので重複取込を防止できる!

弥生販売自動インポートツール 仕様一覧

対応OS

日本語OS Microsoft Windows 10 / 8.1
WindowsServer2012以上
※弥生製品が稼働する環境であれば対応可能です
※サーバーがある場合はサーバーを推奨します
※メモリは8GB以上を推奨します

推奨端末弥生販売データベース(SQLServer)を設定した端末
対応弥生製品

弥生販売17~21スタンダード
弥生販売17~21プロフェッショナル、2ユーザー
弥生販売17~21ネットワーク
※他バージョンへの対応の場合はご相談ください

対象台帳得意先台帳/仕入先台帳/商品台帳/担当者台帳/倉庫台帳
対象伝票見積書/受注伝票/売上伝票/入金伝票/発注伝票/仕入伝票/出金伝票/出庫伝票/倉庫移動伝票/生産伝票

価格

弥生販売自動インポートツール ツール費用300,000円(税別)
設定費用50,000円(税別)

ツールバージョンアップ費用
弥生販売製品バージョンアップに伴うツールのバージョンアップ費用

都度 30,000円(税別)

ツールの詳しい概要につきましてはこちらをご覧ください

弥生販売自動インポートツール